・日本ではまだまだ学歴社会に代表されるように、結果・勝利至上主義にとらわれやすい状態にあります。
・学習でもスポーツでも、仕事でも。結果・成果を出していても空虚な思いを感じ、幸福感を得られていない子どもたち、大人の方も沢山いるのではないでしょうか?
・子どもから大人まで、もっと何かにチャレンジしていること、それ事態(プロセス)、その瞬間の楽しさや喜びを大切にしてもらいたいと願っています。
・もちろん、プロセスを楽しめるようになれば結果や成果もついてくると思っています。
・チャレンジそのものを楽しむためにも、現状をしっかり観察し、根本的な課題を見つけて、課題そのものを乗り越えていけるように一緒に取り組んでいきたいと思っています。
・喜び・楽しさそのもの、教えるではなく導くコーチング、一緒に取り組む姿勢を大切にしていきます。

子どもたちがもっと自分らしく輝ける未来を目指して。
この度「Sonomono-Coaching そのもの こーちんぐ」という名称で事業を
立ち上げ活動することにしました。
サッカーを中心にスポーツを通じたコーチング、子どもたちへの学習指導などの経験を通して強く感じることがあります。
日本ではスポーツでも学校などの勉強でも、まだまだ勝利至上主義、結果至上主義の考え方が根強く残り、その環境で苦しんでいる子どもたちがとても多いということです。

大人になれば当然ビジネスの場面などで結果や成果は求められます。
だからこそ可能性を探すべき子ども時代には、何かに挑戦すること自体、何かをやっているその瞬間自体を大切にしてほしいと願っています。
やっていること自体=そのもの を大切にして、教えるのではなく、一緒に行って導いていく。
それが、SonomonoーCoaching(そのもの こーちんぐ)です。

そのものを楽しんでチャレンジできれば、目標も生まれ、その子なりの結果も必ずついてくると信じています。

1歳になったばかりの娘をもつ父親として、一人の大人として、
皆さんと一緒に子どもたちのよりよい環境作りができればと思います。