Sonomono-Coaching(そのもの コーチング)

代表 齋藤 洋之介

東京学芸大学 大学院 修了
大学院では、運動生理学、運動学、スポーツコーチング、心理学などを学ぶ。
大学サッカー部のコーチ、子どもたちへのサッカー指導なども経験。
大学院卒業後は、15年以上企業の現場に勤務。
・サービス業界でのスタッフ採用・育成
・教育業界の学習塾にて、全国各地で指導者へのコンサルティング、子どもたちへの学習指導を行った。

東京の総合型アミューズメント施設にて、スタッフの採用や育成を担当。スポーツに限らない独自のコーチングによって、やりがいをもって自発的に仕事に取り組む環境作りや評価制度などを構築。

その後12年間、全国、世界にも多くの拠点をもつ学習塾運営会社にて、子どもたち、指導者、保護者への指導やコンサルティングを実践。
独自の観点で、算数・国語・英語のような読み書き計算の習得にとって大切な「見る力」の重要性を発見し、新しい観点での指導方法の普及活動を行った。
特に幼児期から小学生低学年期において、個々の今の力に合わせて、更に上を目指して学力と能力を一緒に伸ばすための指導や、学習習得が難しい子どもたちに対する直接指導や指導者へのコンサルティングを多数実践。延べで1000人以上の子どもたちへの直接的、継続的指導・コンサルティングを行った。

子どもでも、大人でも、どんな人には伸びしろがあり可能性がある。
伸びていくことを楽しんで成長していくためには、結果の重要性を理解した上で、チャレンジやトレーニングのプロセスを大切にする。

学習やスポーツの指導実践の中で、独自に見いだした「目」「見る力」の重要性。そこに脳科学などの実証も進むビジョントレーニングの知見も加えて、実践的なトレーニングレッスンや講演会などを日々行う。

「ビジョントレーニング」はあくまでも方法。
遊びながら学ぶ、学びながら遊ぶ。楽しいトレーニングや学びの場を提供しております。

講演会では、一般の方向けから指導者向けまで幅広く行い、設立以来約3年で既に500名以上の方々にご参加いただいております。